最大限にハーレーを楽しむには

ハーレーの中でもブラック一色が多いスポーツスターの特徴

ハーレーの色

スポーツスターは1957年にハーレー社が作った、ハーレーモデルの一種です。
大型バイクであるハーレーは重厚でパワフルな走りが人気でしたが、その一方で二輪車ならではの機動性は低い欠点がありました。

ハーレーでもスポーティーな走りを堪能したいという要望が高まり、スポーツスターが作られるに至ったのです。機動性を重視した設計であり、他のハーレーモデルよりも車体が小型化している特徴があります。

部品構造も簡略化されていますが、これはスポーティーな走りを実現させるために車体を軽くする必要があったためです。
スポーツスターモデルのハーレーはレース用の車両として使われることを想定した作りでもあるため、他のハーレーよりも操作性に富んでいます。

スポーツスターモデルの多くは車体の配色がブラックで統一されています。他のモデルはステンレス特有の光り輝く白色をアクセントにするなど、ブラックを基調としながらも所々に別の色を置いて変化を付けています。
しかしスポーツスターのハーレーは部品のすべてがブラックなモデルが多いので、小型の車体でありながら重量感のある雰囲気を持っているのが特徴です。車体をブラックで統一することによる走行性能への影響はありませんが、車体が小さいスポーツスターモデルにハーレーとしての迫力を持たせるには重量感を表現できるブラックを用いるのが最適です。

他のモデルのようにステンレス製パーツで白色のアクセントを付けることが無いので、アメリカンバイクならではの力強く重みのある雰囲気を楽しむならスポーツスターモデルが最も相応しいと言えます。