最大限にハーレーを楽しむには

ハーレーの慣らし運転に必要な距離とは

メーターカスタム

バイクを購入した後にやった方がいい作業として挙げられているのが、慣らし運転です。バイクは新車を購入した段階でパーツが全て新品であり、一見綺麗に見えるパーツの表面には金属加工でできた微細な凹凸があります。そのまま運転してしまうとパーツを傷つけて故障の原因となってしまうため、慣らし運転をして表面の凹凸を綺麗にすることが必要なのです。
このためハーレーを購入した場合も、パーツの破損やトラブルを防ぐために慣らし運転をしておいた方がいいと言われています。中古で購入または人から譲り受けたハーレーの場合は、すでに慣らし運転を終えているのでそこまで必要はありません。

そんなハーレーの慣らし運転に必要な距離はどの程度かというと、まずは800kmは最低必要だとされています。ハーレーのパーツは特殊なものを使っていることが多く、カスタムした場合はほかのパーツとなじむまでやや時間がかかることがあるようです。そのため初期慣らしと呼ばれる慣らし運転を最低でも800kmほど走っておいた方がいいと言われており、道も高速などではなく下道を利用した方がいいと言われています。さらに初期慣らしを終えた後はそのまま3000kmほどの距離を走り、パーツを完全に固定させる二次慣らしをすることが推奨されているのです。

このようにハーレーの慣らし運転は初期と二次の2段階に分かれていて、総合して走った方がいい距離としてはおよそ4000kmとなります。
こうしてしっかり慣らすことが、ハーレーのメンテナンスにもつながります。