最大限にハーレーを楽しむには

ハーレーの盗難被害を防ぐU字ロックやガレージ

セキュリティ

ハーレーは世界的に高い人気があるアメリカンバイクですが、その一方で盗難被害に遭いやすい車種でもあります。

日本でも珍しい話ではなく、ほんの数分だけ停車させている間に盗まれることもあるので注意しなければいけません。

ハーレーを駐車させる場合、万が一盗まれても運転ができない状態にしておくことで被害に遭うリスクを大きく減らすことができます。最も効果的な方法として、バイク用のU字ロックの使用が挙げられます。
強度が高い合金で作られたU字ロックをハーレーのタイヤにセットすることで、エンジンを強引に作動させても走行を防ぐことが可能です。前輪と後輪にそれぞれU字ロックを使えばより防犯性が向上するので、愛車が盗まれるリスクが著しく低くなります。

自宅の敷地内に駐車している時も盗難被害に遭う可能性があります。
ハーレーなどのバイクは複数人で持ち上げればそのまま盗むことができるので、何よりも車両の存在を認識させないことが重要です。自宅の敷地内に注射する場合はガレージの中に入れてしまうのが最も良い方法となります。乗用車を駐車するためのガレージの中にハーレーがあるとは考えにくい他、単に人の目に付かない利点もあります。バイク用の防水シートで車体を覆う方法はハーレーとは分からなくても、そこにバイクがあることは知られてしまうので防犯の面から見たら良い方法とは言えません。

愛車を盗まれないようにするには持ち主が防犯に対する考え方を改め、他人に存在を知られないように工夫することが重要なのです。

盗難防止