最大限にハーレーを楽しむには

メーターをカスタムパーツに交換

カスタムパーツとして決してメインになるわけではありませんが、いい感じのハーレーに乗っている人は大抵メーターをいじっています。

メーターをカスタムパーツに交換するポイントは純正よりも少し小ぶりなサイズのものをチョイスすることです。

メーターカスタム

カスタムの方向性としてタンクやヘッドライトについて純正よりも小さいサイズを取り付けるという流れがありますが、それでメーターが純正のままではバランスが良くありません。
小さめサイズのメーターに交換してハンドル周りをスッキリさせるというのがメーター交換のコツです。

せっかく交換するのだから思い切って位置を変えてしまうというのもインパクトがあるカスタムです。フロントチューブ脇やエンジン横などにメーターを移動させるとかなりの上級者感が出てきます。ただしあまり見えづらいところに取り付けてしまうと視認性が低下して危険ですから注意しなくてはなりません。
またハーレーには一部車種を除いてタコメーターがついていません。カスタムというより後付けですがタコメーターを増設する方は少なくありません。その際スピードメーターと合わせてバランスを取ります。

なおスピードメーターもタコメーターも正しく取り付けていないと正確な数値を示してくれません。

配線関係などに不安がある場合は、あらかじめカスタムショップなどに相談しておくと失敗が少なくなります。
もちろん相談だけではなくて、取り付けを請け負ってくれるショップも多くあります。