最大限にハーレーを楽しむには

期間と距離で考えるオイル交換

オイル交換のタイミング

ハーレーに乗っている方なら定期的にオイル交換もしているでしょうが、交換に最適な期間や距離には目安があります。
正しい頻度でオイル交換をしてあげると、調子も良くなり快適なハーレーライフを楽しむことができます。

たかがオイルと侮っていると、外出先での不意のトラブルの原因にもなりかねません!愛車を最高の状態に保つためにも車体をいたわるオイルについて正しい知識を持つように心がけたいものです。

オイルには3種類があります。
「エンジンオイル・ミッションオイル・プライマリーオイル」です。
このうちミッションとプライマリーは合わせて一つになっていますので、実質的な交換は二つとなります。

当然交換するときはどちらか片方ではなく両方を交換します。

交換の目安について本国アメリカでは期間にして12ヶ月に一度、距離にすると8000kmとアナウンスしています。ところが日本とアメリカとでは道路事情が異なり、信号の多い日本ではどうしてもエンジンに負担がかかり気味になってしまうので、これよりも短いスパンで交換することをお勧めします。距離にして2500kmから3000kmに一度の割合が適切な目安です。

新車で購入した場合はエンジンのあたりが出てくるまで内部で金属部の摩擦が発生し多くの金属粉が混入してしまうので、初回交換は800kmまでを目安に行ったほうがいいです。中古で購入した場合は交換の履歴が分からないことがほとんどなので、購入時にフィルターと合わせて新しいオイルに交換することが望ましいです。