最大限にハーレーを楽しむには

ハーレー乗りが革製の服を好む理由と選び方

ハーレー乗りは革

ハーレーといえば革製のジャケットやズボンを着用したライダーが荒野を疾走するイメージがあります。特にハーレーの本場であるアメリカでは映画などの情報媒体がイメージの流布に一役買っていますが、ハーレーに限らずバイクを運転する人が革製の衣類を着用するのは合理的な理由があります。

革は衣類に使われる生地の中でも非常に頑丈なのが大きな特徴です。一般的な服の場合、歩いている時に転倒しても生地が破れて怪我をすることがあります。これは地面と接触した際に生じる摩擦が原因ですが、革は摩擦や圧力に強いので怪我を軽減させることが出来ます。
バイク用のプロテクターに比べると強度は劣るものの、一般的な服のように体を自由に動かせるのが魅力です。

丈夫な生地

また、革は熱にも強いので火傷のリスクを大幅に軽減することが可能です。ハーレーに乗ると誤ってエンジンに触れてしまうこともありますが、革の生地で作られた服ならすぐに火傷を負ってしまうことはありません。
極端な通気性の低さは革のデメリットですが、逆に体をむき出しにして走るハーレー乗りには走行中の逆風による冷えを防止出来るメリットになります。

ハーレー乗りが革の生地で作られた服を好んで着る理由は見た目の格好良さだけではなく、安全かつ快適に愛車を走らせることが出来るためです。そのため、革の服を選ぶ際は着心地が良く、体の動きを妨げない作りの一着を選ぶことを心がけます。
高品質の革はより頑丈で長持ちしますが、良好な状態を保つには専用のオイルやクリームを使ったお手入れが大切です。