最大限にハーレーを楽しむには

ハーレーのタンク塗装やタンクキャップをカスタムする楽しみとは

ガソリンタンク

ハーレーを所有する楽しさの1つであるカスタムはいたるところに行うことができ、自分の個性やこだわりをアピールするポイントとして楽しむことができます。そんなハーレーのパーツの中でも、特に個性を主張することができる代表的なパーツとして挙げられているのがタンクです。

タンクは塗装することで一番見た目を大きく変えることができますし、塗装できる範囲が広いということで塗装そのものを楽しむことができる部分でもあります。ハーレータンクの塗装に関しては単純に色を塗り替えるだけでも見た目を変えることができますが、ペイントやイラスト、文字を入れることでよりオリジナリティあるデザインにすることが可能です。

ただ塗装できる範囲が広いからこそ、どのようなデザインやペイントにするのか悩んでしまうという人も少なくありません。そんな時にはハーレーペイントのアイデア集を参考にしたり、ハーレー愛好家の人たちやハーレーを取り扱っているお店の人たちの意見やアドバイスを参考にするという方法もあります。
慣れないうちはお店の人にペイントしてもらいながら、徐々に自分でも塗装できるようにしていくと楽しみの幅が広がります。そしてハーレーのタンクは塗装してカスタムを楽しめるだけではなく、タンクキャップを交換するという手軽なカスタムもあるのです。

ガソリンキャップ

タンクの塗装は慣れないうちは自分たちの手で行うことが難しいと言われていますが、タンクキャップの交換は初心者でも始めやすいカスタムです。
というのもタンクキャップの交換には技術も知識も必要がなく、気に入ったデザインのものに交換するだけでハーレーのカスタムを楽しむことができます。

純正のハーレーのタンクキャップはシンプルなデザインとなっているのに対して、カスタム用として販売されているタンクキャップはデザインもカラーリングもバリエーションが豊富です。そのため今後タンクの塗装も検討している人は、どのように塗装するのかイメージしながらそれに見合ったタンクキャップに交換して楽しんでみてはどうでしょうか。